中央歯科-長岡市新保6-250
■ ドックベストセメント
■ MTAセメント
tel:0258-89-7778
診療時間
バー特殊な虫歯治療
 
 ドックベストセメント
DBC
近年、マスコミ等で取り上げられる機会の多くなったドックベストセメントを用いた治療方法も導入しております。

ご存知の方も多いとは思いますが、痛みがない状態でも、虫歯が大きくなってしまった歯は、虫歯をしっかり取る刺激だけで強い痛みが出て、それが治まらないこともありますが、その可能性がかなり減らせます。
DBC1
また痛みがなくとも、むし歯自体を取りきってしまうと、同時に神経に達する穴があいてしまい、仕方なく神経を取らないといけないような歯でも神経を取らずに温存できる可能性が高い治療でもあります(歯の神経を取ってしまうと歯は極端に脆くなって、破折の危険等を抱えることになります)。

既に歯の神経が死んでしまったりして適応ではないケースも御座いますが、歯を大切にしたい方には是非受けて頂きたい治療の1っです。

 ※ 健康保険は使えない自費治療となります。また1年くらいの経過観察が欠かせませんので、そういうスパンでの治療が面倒だと思われる場合はお勧めできません。そして全てのむし歯を必ず救えるわけではないため、治療を受ける患者様のご理解とご協力が何よりも大事な治療方法です。
 
 -
 MTAセメント
MTAS2すべての歯を治せる万能薬ではありませんが、多くの治療で効果を発揮する殺菌力が強く、生体に優しい薬です。
MTAセメントは、ドックベストセメントのように直接、歯の神経を保護したり、虫歯の部分をある程度再生し、歯の神経を取る確率を下げることができる、最新の治療法です。

MTA5 歯の神経を残すことができるか、できないかは歯の寿命に大きく関わります。
また歯の根の治療、根管治療は歯の治療の中でも難しい治療のひとつです。歯の神経を抜いてしまうと根管治療を繰り返し行わなければならないことが多くなります。根管治療でいつまでも痛みが取れない、治療したが膿が止まらないなどのトラブルも稀にあります。

このMTAセメントを使って根管治療をすることで治療の成功率を上げることもできます。
更に歯の治療を何度も繰り返したり、虫歯の進行で歯が薄くなり、穴が空いてしまうことがあります。穴が空いた部分から細菌が出入りし、歯茎が腫れたり、膿が出るのが繰り返されます。MTAセメントで埋めることによって、細菌の侵入を防ぎ、歯の寿命を延ばすことができます。

歯の根の治療では治らない歯根嚢胞(しこんのうほう)は手術で取る必要があります。その際、歯の根の一部を切断し、切断面にMTAセメントを詰め、根の中に残っているかもしれない細菌が出てこないように封鎖します。MTAセメントは生体の適合性や封鎖性も高いため、歯根嚢胞の再発を防ぐこともできます。
しかし現在MTAセメントは、神経を保護する薬として認可されておりますが、保険診療内の治療薬剤とは認められていないため使用する時は保険診療外になります。MTAセメント自体1g数万円と高価な材料ですので、使う量によって治療費は異なりますが、数万円程度が一般的です。
 -
Copyright (C) 2016 〜 中央歯科 . All Rights Reserved ■ 中央歯科
tell:0258-89-7778
長岡市新保6-250